新型コロナウイルス対策に関して

April 15, 2020

当院ではすべての患者さんに対し標準予防策を徹底しながら、平常通り診療いたしております。

マスクやグローブの在庫が少なくなってきているので、急を要さない治療に関しては、延期のご相談をさせていただくこともあるかと思います。

その際はご協力いただけると大変助かります。

感染しないよう、感染させないよう、スタッフ一同細心の注意を払いながら診療を行っている状況です。

○口腔内に使用する器具、機材の滅菌の徹底

  当院では、オートクレーブ滅菌器を使用し、ミラーなどの診療器具に加え、タービンなどの回転切削器具に関しても、滅菌を徹底しております。

 

○グローブの交換やユニットの清拭

  グローブやエプロンはもちろん患者さんごとに交換しております。ユニットやユニット周辺は、患者さんごとに次亜塩素酸水にて清拭を行っております。

 

平時から行っている上記の感染予防対策に加えて、コロナウイルス対策として、下記の対策を追加して行っております。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

○換気、待合室の三密の予防

  コロナウイルス対策として、頻繁な換気を行っております。また、待合室が混み合っている際には、お車で待っていただき、お電話にて順番をお知らせする対応を行い、三密にならないように注意を払っております。また、来院時には消毒用アルコール(在庫がなくなり次第、次亜塩素酸水に切り替えます)での手指消毒をお願いしております。

 

○スタッフの体調管理とマスクの着用

  出勤時に体温測定を行い、発熱の傾向があるスタッフは出勤しないようにしています。また、受付も含め、全スタッフマスクを着用しております。通常、ご挨拶する際や治療説明の際はマスクを外してお話させていただくことがありましたが、診療時間中は常時マスクを着用することとしております。ゴーグルとマスクをしてしまうと、こちらの表情がわかりにくくなり、歯科恐怖症の患者さんなどは不安を感じられる方もいらっしゃるかとは思いますが、ご理解いただけるとありがたいです。

 

○検温の実施

  2週間以内に県外へ行かれた方には、非接触型の体温測定器を使用し、体温の測定をお願いしております。発熱が認められた場合は、処置が限られてしまうことがございますので、予めご了承ください。

 

 

 

 

 

症状の特にないメンテナンスの患者さんに関しては、メンテナンスの延期などのご相談も受け付けております。治療に関して、不安などございましたら、どんなことでもご相談いただければと思います。

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

May 15, 2019

Please reload

アーカイブ